スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銚子市民センター

20111106



銚子市民センターには渡辺學と濱口陽三の美術作品の常設展示室が併設されている。入場無料。

渡辺學(1916-2000)は、銚子市出身の日本画家で、銚子で生涯の大半を過ごし、
そこに生きる猟師やその家族を題材として、独自の造形世界を築きあげました。
(漁民を描く─渡辺學の世界)

濱口陽三
明治42年(1909年)濱口梧洞の三男として和歌山に生まれ、1915年銚子市に移住。 1930年梅原龍三郎の助言によりパリ留学。彫刻、洋画から銅版画に進み、昭和30年(1955年)頃よりカラーメゾチント制作。昭和32年(1957年)サンパウロ国際ビエンナーレ展で日本人初の版画大賞受賞。『エンサイクロペディア・ブリタニカ』に「20世紀の半ばの最も名高い、孤高ともいえる主導者、カラーメゾチントの新しい技法を開拓した作家」として紹介される。2000年12月25日逝去。享年91歳。


大きな地図で見る


スポンサーサイト
スポンサーサイト
最新記事
カテゴリ
プロフィール

ポケロバ

Author:ポケロバ
銚子生まれ
旅行・食べる事が好き
運動音痴
今料理を勉強(魚を裁く)

クリック募金
スポンサー
アマゾン
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新コメント
楽天トラベル
JTB 国内旅行予約サイト
るるぶトラベル
クラブツーリズム
じゃらんnet
日本旅行
楽天トラベル

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。